MEDICAL
整形内科
椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの代表的な症状

  • 歩き方が変
  • 座れない・横になれない
  • 触ろうとすると痛がる
  • 後ろ足が動かない
*

上記の症状に心当たりがある場合は、
愛犬・愛猫が「骨折」している可能性がございます。

椎間板ヘルニアについて

*

椎間板とは、背骨を構成している脊椎間のクッション材の役割をしている軟らかい部分です。それが何らかの衝撃による飛び出してしまい(=ヘルニアをおこす)、背骨内部を通る中枢神経を圧迫することにより、脳からの神経伝達を阻害してしまうことでおこる、痛みや麻痺、しびれ等の症状を総じて椎間板ヘルニアと呼びます。

人間でいうところのぎっくり腰?のイメージで合っていますが、腰以外にも頸や、動物だと尻尾の付け根にも起こることがあります。

椎間板ヘルニアといえば、M・ダックスを思い浮かべる方が多いでしょうが、実はどんな犬種や猫でもよく起こる病気です。

椎間板ヘルニアの治療は、外科治療と内科治療があります。

外科治療が選ばれるケースは本当に重篤な症状に限られ、実はほとんどの椎間板ヘルニアは内科的治療で改善させることができるのです。

当院の椎間板ヘルニア治療の特徴

*

身体検査

椎間板ヘルニアに特徴的な所見を神経学的検査に当てはめることで、一般的な身体検査だけで仮診断が可能です。(厳密に確定診断をするにはMRI検査が必要です)

*

内科的治療

椎間板ヘルニアが疑われたら、当院では通院もしくは入院による内科的治療を推奨しています。具体的には、一日一回の注射と、継続的な鍼灸治療を実施します。

*

治療継続

改善が見られても安心はできません。途中で治療を止めたり、新たに激しい衝撃がでるような運動をしてしまったりすると、また症状が悪化を起こす危険があります。獣医師の指示を守り、治療の継続と自宅での安静が治るために必須です。

*

サプリメント

椎間板ヘルニアは、再発率の高い疾患としても有名です。

当院では神経・関節痛に良く効く様々なサプリメントを取り揃えています。また最近話題となっている整形内科療法を積極的に取り入れ、良好な状態を維持できる工夫も進めた継続治療を行っています。

当院の手術の流れ

診療の流れ

当院では術前にしっかりと問診と身体検査を行い、飼い主様の不安と疑問が解消できてからの処置となります。少しでも不安や疑問がある場合は何でも聞いて下さい。解決できるまで何度でも説明します!

以下から手術写真ですので、苦手な方は見ないようにしてください。

  • Step
    *
    身体検査

    歩き方がおかしい。

    何だか痛そうにふるえている。

    後ろ足が動かせなくなった。

    など、椎間板ヘルニアは重度なものから軽度なもの、発生部位の違い、急性であったり慢性化しているなど、現れる症状としては様々です。まずはしっかりと身体検査をうけましょう。

  • Step
    *
    治療スタート

    椎間板ヘルニアが疑われたら、1日1回、毎日の注射に通ってもらいます。

    自宅で安静にできない、どうしても通院は困難・・・な場合、入院による処置を勧めさせて頂いてます。それだけ、治療にはスタートと継続が大事です。

  • Step
    *
    レーザー療法・鍼灸療法

    消炎鎮痛効果のあるレーザー療法や鍼灸療法も、症状により追加で行います。

    長くて30分くらいで終わるので、負担もあまりかかりません。

  • Step
    *
    継続治療

    経過が良好でも、再発の可能性は続きます。再発をさせにくくするためにも、当院で扱っているサプリメントや整形内科療法の継続で、長く健やかに良好な状態を維持することを目指します。

ページの先頭へ戻る